しっかりと毛皮の臭い取りを行うために大切なことは

毛皮に染みついた臭い取りを行うためには、どの種類の臭いなのか、ということを確認することが必要になります。カビのような臭いなのか、それとも汗臭いのか、これらの種類により対処法が変わってくるからです。 カビのような臭いが発生した場合には、毛皮にカビが発生している可能性があります。湿気の多い場所に保管すると、カビが発生しやすく臭いが出やすいのです。また長期間使用していない場合にも発生しやすくなります。カビの臭い取りは、パウダークリーニングを行うことで、和らげることができます。これは個人では行うことが難しいために、クリーニングに出す必要があります。 汗の臭い取りの場合には、薄くした中性洗剤を利用し、裏地を軽く叩くようにしましょう。あまり強い中性洗剤を使用してしまうと、毛皮の裏地が色落ちしてしまうことになります。それでも臭いが落ちない場合には、毛皮の裏地だけを取り替えてもらうことにより、臭いを解消することが可能です。