気になる、結婚式に毛皮は着ていけるのか?

結婚式に招かれた際の服装に関してはいくつかのルールがあります。初めて出席する場合はあらかじめ確認しておくとよいでしょう。女性の場合はパーティドレスが主体になります。色合いは白は新婦の色なのでそれ以外の色を選べばよいとされています。また、素材ですが毛皮類はタブーとされています。これはおめでたい結婚式の席で殺生を髣髴とさせる毛皮は失礼に値するので身につけない、ということから来ています。特に冬場はドレスの上の羽織りものなどで毛皮のショールなどを選びがちですが、これは控えたほうがよいです。また、本物ではなくフェイクファーであっても、見た目上判別しにくいため誤解を生みますから身に着けないほうがよいでしょう。しかしながらコートなどクロークに預けてしまうものに関しては結婚式場に入る前に脱いでしまうので構わないという考え方もあります。冬場や寒冷地などでは上着に関してはあまり厳しくないという地域もあるようです。