アレルギーの観点から見た毛皮を使用する事

毛皮の商品を使用する事はアレルギーの観点から言えば影響が出る物が多いです。何故影響が出ると言えばそれはアレルギーとは動物の皮膚細胞や唾液や尿等に含まれるたんぱく質が原因でくしゃみ、かゆみ、鼻づまりという症状を引き起こしその観点から言えば毛皮を使用する事は推奨される事ではなくむしろ使用をアレルギーから回避される事が成熟した大人では言えます。ただ2014年9月末ドイツの研究機関が生後三か月の乳幼児対象に動物の毛皮の下で寝かせると6歳までで約8割10歳までで約4割といった発症しなかった割合をだしています。この研究結果から結論をいうなれば毛皮にはエンドトキシンという物質が含まれておりそれが乳幼児を守ってくれており乳幼児が他のアレルギー体質に弱い性質から強い性質として守ってくれている利点が存在しています。その事から言えば成熟した動物性アレルギーを持つ人は毛皮を使用する事は回避する事のメリットが強く、逆に未成熟な乳幼児にとって毛皮を使用する事でアレルギー等の病気を発症するリスクを抑えてくれるメリットが存在してくれる事に繋がります。